脚本も監督も主演も自分

自分の記録用に勉強・生活・好きなこと適当に書き出しています

be natural, beauty and healthy.....

【世界遺産検定】私の勉強方法

世界遺産検定の内容と勉強方法をメモ書き残します!

いちいち紙とペンを出して、回答をチェックするのも面倒なので、過去問には直接蛍光ペンで回答チェックを先に入れて、赤シートで隠しながらやっています。

※全て、公式テキストと公式問題集を使用しています。リンクの物は、2021年3月15日発売の最新版です。

 

<4級>

出題範囲:日本の全遺産+世界の有名な遺産32件

教科書:1回も読まず

過去問:4試験分、各3回くらいやった

期間:2週間くらい

合否:満点で1発合格


<3級> 

出題範囲:日本の全遺産+世界の代表的な遺産100件

教科書:パラパラ程度。過去問でわからないところ見る感じ

過去問:4試験分、各5回くらいやった

期間:1か月くらい

合否:95%正解で1発合格


<2級> 

出題範囲:日本の全遺産+世界の代表的な遺産300件

教科書:1回サラッと読んで、2回目しっかり読んだ

過去問:4試験分、各10回くらいやった

追加:このブログに書き込んでアウトプットまとめ

更に追加:適当に2級用のアプリやりました

期間:3か月くらい

合否:未発表、ギリいけるかな…?ってくらい

 

<1級> 

出題範囲:全部

※まだ受けていません


成功体験を積みたかったので、4級からやりましたが3級や2級からでも、歴史に強い方ならいけると思います!1級は2級を持っていないと受けられないのですが、2級までなら受験資格は特にないのでね。 

 

それにしても、2級の勉強をして、やっと歴史と遺産の面白さに気が付いた感じです。こことここって繋がってるんだ!?とか、この時代って、この国ではこうだけど、こっちの国ではまだこの生活スタイルなの!?とか。

10世紀とか11世紀とか簡単に書いてあるけど、よく考えたら100年違うんだよね・・・とか。

何気なく名前だけ知っていた場所や人物、出来事も背景や他とのつながりを知ると、一層面白くなっていきます。勉強慣れてる人には当たり前かもしれませんが、インプットだけではなく、アウトプット(今回は私はここのブログに書いた)をすることで、ぐんぐん頭に入っていきます。

 

検定関係なく、日本の遺産にも興味が出てきたので、引き続きここで書いていきたいと思います。

【世界遺産検定】2021年3月14日43回の2級試験内容

本日の第43回世界遺産検定2級のCBT試験問題覚え書き・・・

今回のやつは、3月15日発売の『世界遺産検定2級』過去問集には載っていないので。

  1. 正しいのはどれか(ICOMOSはヴェネツィア憲章の後にできた)
  2. 世界遺産条約で正しいのはどれか(世界遺産を保護保全する義務や責任は~)
  3. ヌビアの救済キャンペーンに関係するでダムの名前(アスワン・ハイ・ダム)
  4. 作業指針の正式名称(世界遺産条約履行のための作業指針)
  5. Ⅳの登録基準は何か(建築技術や科学技術の発展を証明する遺産)
  6. Ⅳが認められていない遺産をもとめよ(長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
  7. トランスバウンダリーサイトとは何か(国境を超えて登録されている遺産)
  8. 人間と生物圏計画・MAB計画について(核心地域・緩衝地域・移行地域)
  9. 危機遺産リストに登録されず抹消された遺産(アラビアオリックスの保護地域)
  10. 危機遺産で正しいのはどれか(シリア・アラブ共和国はすべてが危機遺産
  11. 無形文化遺産に含まれないのはどれか(山本作兵衛 炭坑記録画)
  12. 文化的景観のカテゴリーは何か(意匠・有機的・関連)
  13. 藤原基衡が再興したのは何か(毛越寺
  14. 富岡製糸場:清温育に関係する遺産はどれか(高山社跡)
  15. ル・コルビジェ独自の寸法は何か(モデュロール
  16. 富士山で噴火を鎮めるために建てたのは(浅間神社
  17. 白川郷五箇山で間違えているのは(家の中の中心部は吹き抜けになっている)
  18. 京都の文化財で正しい件数(京都市14件、宇治市2件、佐賀県1件)
  19. 奈良の遺産で含まれているのは何か(春日山原始林)
  20. 法隆寺の阿形と吽形はどこにあるか(法隆寺中門の左右)
  21. 天皇や貴族による熊野詣が行われていたのはいつか(平安時代
  22. 息子とその妻が日の丸を住居とした姫路城の城主は誰か(池田輝政
  23. 百舌鳥古墳について正しいものは(前方後円墳だけではなく様々な形がある)
  24. 朝鮮半島から伝わった石見銀山の技術は(灰吹法)
  25. 厳島神社の本殿のつくりは何か(寝殿造り)
  26. 宗像沖ノ島で正しいのはどれか(新原・奴山古墳群)
  27. 石見銀山で登録されているもので正しいのは(沖泊)
  28. 明治日本の産業革命遺産はどこの推薦か(内閣官房の推薦)
  29. 白神山地ができたのは(隆起)
  30. オガサワラオオコウモリとは何か(小笠原諸島にすむ唯一の固有種哺乳類)
  31. 屋久島で正しいのはどれか(亜熱帯から亜寒帯まで植生が移り変わる)
  32. 奄美大島はどこの県か(鹿児島)
  33. 出来事の中で一番最初は何か(イエローストーン国立公園)
  34. ゴレ島の説明が英語で出題
  35. リガの歴史地区で富裕層が建てた様式は(ユーゲントシュティール様式)
  36. オペラハウスを建築したのは誰か(ヨーン・ウォツォン)
  37. サンディエゴ・デ・コンポステーラの場所(地図で示す)
  38. ストゥーパアショーカ王、トラナと言えば(サーンチーの仏教遺跡)
  39. ローマの歴史地区に含まれる遺産は(サンパオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂)
  40. フエの歴史的建造物群の建築方式(ヴォーバン式)
  41. ルネサンス様式の説明(古代ギリシャやローマをモチーフにしている)
  42. 他のマヤ文明よりマヤ文字の量が多い、祭壇Qと言えば(コパンのマヤ遺跡)
  43. ナミブ砂漠の特徴(霧が貴重な水資源となっている)
  44. 九塞溝な何が侵食してできた渓谷か(カルスト台地
  45. ロス・グラシアレス国立公園の特徴(ウプサラ氷河)
  46. W-アリル-ペンジャーリ国立公園がカバーしている場所(スーダンサヘルサバナ)
  47. フィンボス、植物のホットスポットと言えば(ケープ植物区保護地域群)
  48. ネムルト・ダーの巨大墳墓はどこの国にあるか(トルコ共和国
  49. パルティア王国、ISと言えば(円形都市ハトラ)
  50. ガランバ国立公園で個体数が激減しているのは(キタシロサイ
  51. 2020年に世界遺産委員会が開催される予定だった国は(中国)
  52. ドーセット及び東デヴォン海岸で見つかった化石は(イクチオサウルス

残りの8問は思い出せません!

 

なんじゃこりゃ・・・記憶の片隅にもないんですけど・・・

みたいなのが結構ありました。日本の遺産もすべてが1問ずつ出るかと思いきや、出ないのもあったし。また、オリンピックとかコロナ関係的な時事問題や、テキストの表紙も出るかと思ったけど出なかった~。

そして、CBTは受ける場所が自由で良いけど、問題用紙を持って帰れないのはつらい!見直しもできないし回答出されても覚えてないよ。

とりあえず、2級はこれまでと全然違いました。これまでは、過去問の中から結構出てたけど、今回は全くかすってもいない問題が多かった。(言うても、2020年の過去問は販売されてなかったので、誰も持ってないんですけどね)

【世界遺産検定】百舌鳥・古市古墳群

ーーー前置きーーー

現在、世界遺産検定2級取得に向けて勉強中です。これまで、順調に4級、3級と一発合格してきましたので、2級も余裕だろうと思ったのですが、そんなわけにはいかなそうなのでアウトプットを兼ねてここで記事を書きます。自分が興味を持った遺産について書いていくので順番はバラバラです。

ーーーーーーーーー

 

■百舌鳥・古市古墳群(日本・大阪)

 文化遺産、登録基準 (3)(4)、登録年 2019年

f:id:teinei_days:20210314110540j:plain

大阪府南部の堺市羽曳野市藤井寺市の3市にまたがる古墳群で、4世紀後半から5世紀後半に作られたとされています。それら45件49基が世界遺産登録の対象となっています。古墳は、古代日本列島の王たちの墓ですので管轄は官庁です。

 

<古墳のかたち>

前方後円墳、帆立貝形墳、円墳、方墳という4つの標準化された形があります。最大の古墳は、前方後円墳の大仙古墳(仁徳天皇陵)で、それ以外の古墳も20m~500mサイズとかなり多様です。

 

<そもそも古墳とは>

古墳は簡単に言うと墓ですね。エジプトはピラミッド、中国は秦の始皇帝陵、日本は古墳・・・王の権力を示すためと、死者が神になってこの地を見守ると考えられていたためだという説があります。世界中のこういった墓でも同じことが起きていましたが、日本でも垂仁天皇の時代(270年〜330年頃)まで、偉い人が亡くなると使える人たちが何人も一緒に生き埋めにされていたそうです。

それを見かねた救世主ヒーローの野見宿禰(のみのすくね、相撲取り?)が、「死ぬの寂しいのわかるけど、生きている人間埋めるのはちょっと・・・その代わりに埴輪(はにわ)を埋めたらどうかな?」と、垂仁天皇に直談判。「確かにね~いいかも!」と受け入れられて、生贄ではなく埴輪が古墳に置かれるようになったそうですよ。ヒーローすごいね!!!

f:id:teinei_days:20210314110656j:plain

<古墳の終わり>

6世紀半ばには、薄葬令が出され身分による墓のサイズを変えるのを禁止したそうな。まあ、大きい古墳には1000人以上の人たちが駆り出されて、働かされてたらしいし土地もなくなっていくから仕方ないわな。更に、その後、仏教が入ってきてからは火葬が主流になったので古墳の文化は終わりを迎えました。

 

正直、古墳に全然心は惹かれないが、世界中で王様のお墓が世界遺産登録されているところをみると、やはり歴史的に相当価値があるんでしょうね。当時の最新で最高な技術が使われている場合が多いですし、様々な身分の制度も明らかに・・・その時「良い!」とされていたコトやモノが明確に残っているのが、最も権力を持っていた王様たち一族のお墓なんでしょうね。

【世界遺産検定】知床

ーーー前置きーーー

現在、世界遺産検定2級取得に向けて勉強中です。これまで、順調に4級、3級と一発合格してきましたので、2級も余裕だろうと思ったのですが、そんなわけにはいかなそうなのでアウトプットを兼ねてここで記事を書きます。自分が興味を持った遺産について書いていくので順番はバラバラです。

ーーーーーーーーー

 

■知床(日本・北海道)

 自然遺産、登録基準 (9)(10)、登録年 2005年

f:id:teinei_days:20210314103619j:plain

知床は、北海道の北東部にある半島で、半島の中央に高さ1,200~1,600mの知床連山が貫いている、長さ70㎞、幅25㎞ほどの小さな半島です。この山を挟んで、オホーツク海側(ロシア側)を『ウトロ』、反対側(太平洋側)を『羅臼(らうす)』と言い、気候や地形が大きく異なります。気候が違うため住民の生活も異なり、ウトロ側は観光や農業で栄えていますが、羅臼側は漁業が中心の生活となっているそうですね。

湖沼や湿原、滝など自然環境も豊かなため、植物も多彩でミズナラやエゾマツなど異なる木々が分散しています。

また、北緯約44度に位置する知床は、地球上でもっとも低い緯度で海水が結氷する【季節海氷域】です。オホーツク海アムール川から淡水が流れ込むことで、塩分が薄い層ができます。それがロシアからの寒気で結氷し、知床周辺の海を凍らせるそうです。寒そう~!!!

f:id:teinei_days:20210314103708j:plain

これだけの自然環境ですから、多くの動物が住んでおり、海の生き物と陸の生き物の食物連鎖がうまく循環しています。知床には、絶滅危惧種シマフクロウオジロワシも生息していますし、天然記念物のオオワシが冬を越す場所にもなっています。また、ヒグマの生息密度が世界一だそうで、ちょっと怖い・・・

f:id:teinei_days:20210314103930j:plain

f:id:teinei_days:20210314104009j:plain

これだけの生物多様性ですから、日本で唯一、世界遺産登録基準の10が認められています。また、この環境を守るため、市民が土地を買い取る『しれとこ100平方メートル運動』や、環境維持と観光産業の両立を図るための『知床エコツーリズム推進協議会』も設置されています。これらの活動も高く評価されているそうですね。

 

やはり、世界遺産として登録されることは一つの名誉ですが、それ以上に地域の人たちや国が価値を認めて守っていくのは、何より大切なことなのだと思います。

【世界遺産検定】「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

ーーー前置きーーー

現在、世界遺産検定2級取得に向けて勉強中です。これまで、順調に4級、3級と一発合格してきましたので、2級も余裕だろうと思ったのですが、そんなわけにはいかなそうなのでアウトプットを兼ねてここで記事を書きます。自分が興味を持った遺産について書いていくので順番はバラバラです。

ーーーーーーーーー

 

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(日本・福岡)

 文化遺産、登録基準 (2)(3)、登録年 2017年

f:id:teinei_days:20210314092114j:plain

比較的新しい世界遺産なので、あまり知らない人も多いかもしれない遺産ですね。私も行ったことありません。ここは、福岡県宗像市福津市にある『沖ノ島』『宗像大社』『古墳群』など8遺産が登録されています。このすべてを持って、宗像・沖ノ島の信仰の歴史を伝えているのです。

こちらは従来、朝鮮半島や中国大陸へ行く際の、航海士にとって目印となる島でした。そのため、【海の航海の安全を祈る場所】として4世紀から500年もの間、様々な国家的な祭祀(さいし)が行われてきました。今でこそ、方位磁石があったり海の上までGoogleMapが示したりしてくれますが、当時は精度の怪しい手元の地図と目に見えるもの、星や太陽の動きだけですものね(星の動きなんて見てたかな・・・?)

また、4世紀というのは、ヤマト王権(4~6世紀以降の古代日本政権のこと)と朝鮮半島百済(ひゃくさい/くだら)の結びつきが強まった時代ですから、このような交易の証拠と祭祀の跡が残っている場所として価値が認められているんですね。

 

祭祀の移り変わりを見ることもできます。祭祀は、ずっと変化なく続いていたわけではなく、場所や内容など時代に合わせて少しずつ変わっていきました。

①岩上祭祀(巨岩の上で行う)

②岩陰祭祀(ひさしになった岩の陰で行う)

③半岩陰・半露天祭祀(半々の場所で行う)

④露店祭祀(平らな場所で行う)

f:id:teinei_days:20210314094019j:plain

 

また、祭祀の時に使用された奉献品が約8万点も見つかっており、これらすべてが国宝していされています。すごいですね~!銅鏡、金製指輪、カットグラス破片、雛形五弦琴(ひながたごげんきん)、富寿神宝(ふじゅしんぽう)などなど

f:id:teinei_days:20210314095618j:plain

1000年以上も経っているのに、これらが残っている最大の理由は、島全体をご神体とする信仰の中で、上陸が禁止されていたからだと考えられています。宗像大社は、沖ノ島自体をご神体とする自然崇拝から、宗像三女神という人格をもった神に対する信仰にかわり、最後はその両者が共存するいまの【宗像・沖ノ島】へなりました。

9世紀ごろには国家的な祭祀は行われなくなりましたが、宗像三女神への信仰は続き、17世紀ごろには以前の露天祭祀から社殿をもつ祭祀へと変わりました。

 

宗像三女神>※天照大御神(あまてらすおおみかみ)が生み出す

田心姫命(たごりひめのみこと)

湍津姫命(たきつひめのみこと)

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

 

また、古墳に関しては、宗像市の名前にもなっている当時の富豪一族『宗像家の人々』の墓(古墳)で、5~6世紀ごろ作られたとされています。ちなみに、ヤマト王権百済と交易する時に頼ったのが、この宗像氏なんですね。彼らのマネーと知識、技術がなければ、鎖国しなくても鎖国状態だったかもしれませんね。

f:id:teinei_days:20210314100130p:plain

 

【世界遺産検定】厳島神社

ーーー前置きーーー

現在、世界遺産検定2級取得に向けて勉強中です。これまで、順調に4級、3級と一発合格してきましたので、2級も余裕だろうと思ったのですが、そんなわけにはいかなそうなのでアウトプットを兼ねてここで記事を書きます。自分が興味を持った遺産について書いていくので順番はバラバラです。

ーーーーーーーーー

 

厳島神社(日本・広島)

 文化遺産、登録基準 (1)(2)(4)(6)、登録年 1996年

f:id:teinei_days:20210314091141j:plain

厳島神社(いつくしまじんじゃ)は名前からして、もう素敵ですね。島に降り立った時は、鈍感すぎてちょっと何も感じなかったのですが、本殿側から大鳥居をパーーーっと見た時に「こりゃすごいわ」と口に出ました。

さて、この厳島神社ですが、建っているのは瀬戸内海に浮かぶ、厳島(宮島)です。ここには、弥山(みせん)という山がありこの山を含む島全体が『神の宿る島』として信仰対象となっています。ここは、『宗像三女神(むなかたさんじょしん)』を祀っています。

宗像三女神>※天照大御神(あまてらすおおみかみ)が生み出す

田心姫命(たごりひめのみこと)

湍津姫命(たきつひめのみこと)

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

※覚え方はTTI姉妹(笑) ゴメンナサイ

 

世界遺産に登録されているのは、

・本社本殿(寝殿造り、何度も天災や火災などに見舞われている)

能舞台(重要な儀式の場で、足拍子が響くよう床は一枚板)

・大鳥居(クスノキを用いた鳥居、現在工事中)

・客神社(本殿と両流造りでつながっている)

・弥山(原始林は1929年天然記念物指定、1957年特別保護区指定)

 

これらの建造物は、593年ごろから始まり今の状態になったのは平安時代後期の1168年頃であるとされています。また、【平清盛】は敬虔な信者だったとのことで、彼により社殿が整えられたり、厳島神社を平家一門の守護神として位置づけたりしました。

その後も、幾度なく天災や火災、風水害にあいますが、そのたびに権力者の援助で再興されました。明治維新後は、政府管轄で保護・修繕されてきています。そのくらい、大切にされてきた対象で場所なんですね。

f:id:teinei_days:20210314091340j:plain

宮島のシンボルである大鳥居は、4本の控え柱で支える両部鳥居で、これは1537年の再建時にこれ以上崩壊しないようにと、添えられたそうです。

 

 

【世界遺産検定】石見銀山遺跡とその文化的景観

ーーー前置きーーー

現在、世界遺産検定2級取得に向けて勉強中です。これまで、順調に4級、3級と一発合格してきましたので、2級も余裕だろうと思ったのですが、そんなわけにはいかなそうなのでアウトプットを兼ねてここで記事を書きます。自分が興味を持った遺産について書いていくので順番はバラバラです。

ーーーーーーーーー

 

石見銀山遺跡とその文化的景観(日本・島根)

 文化遺産、登録基準 (2)(3)(5)、登録年 2007年

f:id:teinei_days:20210314084726j:plain

島根の山間にある石見銀山。その昔、16〜17世紀にかけて発展したこの銀山とその周辺を含めて登録されている文化遺産で、日本で唯一文化的景観が認められている場所です。


遺産に含まれているのは、
・小規模な手掘りの坑道【間歩(まぶ)】
・集落や役所
・鉱山と鉱山街
石見銀山街道
・銀の積出港【鞆ヶ浦】や【沖泊】
・温泉津などの港と港街 等々


14世紀初頭に発見された石見銀山は、その後16世紀に発展期を迎え、17世紀初頭には、なんと世界の1/3に相当する銀を産出していたそうです。しかも、日本から出る銀の殆どが、この石見銀山でまかなわれていたそうで、とてもすごい場所なんですね。

この銀山がここまで発展し、日本一の採掘量を誇れるようになった背景には、途中で朝鮮半島から技術者が2人来てくれて、そこで【灰吹法】が教えたれたからです。
そして、良いことばかりではなく、これだけ稼いでくれる石見銀山なので、ここを巡って当たり前に争いも起きました。マタカヨ
戦国時代には、大内、尼子、毛利氏が仁義なき戦いを繰り広げ陣地を争いました。結局、最終的には関ヶ原の戦いで勝った徳川家康がゲット。その後もグイグイ儲けていくのですが・・・

f:id:teinei_days:20210314084844j:plain

江戸時代に幕府が『鎖国政策』をしてしまったので、これ以上石見銀山に海外でさらに発展した技術が伝わることなく、遅れてしまったんですね。その結果、貿易もちゃんとできないし、需要と供給のバランスも崩れ、最終的には休山することとなったそうな。
鎖国政策って、現在のコロナにも通じるところがありそうですね。やはり自分の国と文化を守ることが最優先ですから。当時の幕府は、力でねじ伏せることができたようですが・・・今の日本は個人の価値観に任せます!ってスタイルですが、国によって違うしどの形が正解かわかりませんね。

 

鎖国政策とは>

江戸幕府が、キリスト教の排除(禁教)して対外関係を統制すること。日本は、自国を中心とした安定的、固定的な関係を選んだ国とだけ構築するものでした。他にも色々理由はあるみたいですし、「はい!今日から鎖国します!」と言ったわけでもなく、徐々に海外との交流(特にヨーロッパ方面のキリスト国)を禁止していったみたいですね。一般的には1639年~1854年の215年間が鎖国期間とされているみたい。終わりは、有名なペリー氏が来た時です。